W's style


”自分”のstyle ”様々な人”のstyleを通して繋がっていく場でありたい。
by wb-style
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
nobuのブログ
スポーツショップ ノブのブログが出来ました。





ぱるこのブログ
私のもう一つのブログです♪

Mixi
mixiはコチラです。

Green Costume
衣装家さんのブログです♪

★pornoな日記★怪しい日記じゃありません。シュールな日記です♪

はいけいちきゅうさま。ヨーロッパを旅している素敵なブログです♪


ぜんこうさんのブログ!
福井のよしなか鍼灸院の先生のブログです♪


ジェリ吉社長の沖縄移住車椅子生活
沖縄での父。
交通事故により、車椅子生活になり、沖縄へ移住して社長さんしてます!!!!
最新のトラックバック
映画鑑賞記「硫黄島からの..
from けちけちオヤジのお気楽ダイア..
高速バス 東京 金沢
from 夜行バス
青山劇場
from 青山劇場
◆バレエが楽しくなる! ..
from バレエ用品のスワローシー
◆バレエが楽しくなる! ..
from バレエが楽しくなる! レオタ..
江原啓之スピリチュアルオ..
from 江原啓之スピリチュアルオーラ..
わんわん王国
from ~犬と一緒に暮す~わんわん王国
北海道旅行:格安ホテル・..
from 北海道旅行:格安ホテル・民宿情報
『パイレーツ・オブ・カリ..
from いろんなこと
いぬ占い
from 占い・相談のご案内
検索
タグ
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

☆家族☆

お久しぶりです。
皆さん、忙しい年末いかがお過ごしでしょうか?

本日12月28日、無事に父の満中陰法要(四十九日)が終わりました。
満中陰の説明(Wikipediaより)←(クリック)

お通夜、お葬式の時も凄い沢山の人が来てくれて、中陰のあともパパの友達が惜しんで物足りない・・・・・とお寺(父の実家)で2次会をしました。(笑)

葬式で2次会なんて普通ありえません。(笑)


そして、今日の満中陰法要は最初っからお寺で。
忙しい年末の中、父と親しい方々が来て下さいました。

最初は本堂の裏・奥のお座敷で時間が来るまでそれぞれ、お茶とお茶菓子でおもてなしをして待機。


ご参詣してくださる方々が揃い、準備も整い本堂へ移動。

法要のお勤めが挙がります。
毎週のお勤めはいつも住職(父の兄)だけで、お経を挙げる声が父とそっくりで正直辛かった。

今日のお勤めは、正面に従兄弟(住職の息子)と両サイドに住職と別のお寺の住職(親戚)で、3人の声が揃い迫力があり、盛大でした。



その後、納骨をするためこの寒い中、皆さん外に出てお墓へ行き納骨をしてお勤め。
お寺の裏側、お墓の入り口付近なので、気軽にお参りしやすいです♪



そして、すべての仕事が終わりご参詣頂いた方々とお食事です。
本当なら、場所を移して料亭とか行くんだけど、お葬式の2次会の事を経験しそのままお寺で!!
お料理は割烹 まつ蔵←(クリック)にお願いして用意してもらいました。
よく家族で食べに行ったお店です。

ふぐがメインで、ふぐてっさから、ふぐ鍋、ふぐの唐揚げまで!!!!!

そして、お酒、お酒お酒
寒かったので熱燗がよく出ました。


長男(弟)のぎこちない日本語での挨拶で始まり(笑)、美味しいお料理、あの時の2次会のように楽しい時間が流れ、色んな話をしました。


午前中から準備をし、3時から始まった法要が最後は10時まで。全ての片付けが済んだのが11時。
長すぎだろ。(笑)
料亭では決して出来ないことです。



最後に父と一番親しかった友人の方がお話をしてくださいました。

「人は2回死ぬ。1回目は肉体の死。2回目はその人の事が語られなくなったとき。その人の事を思い出したり、話に出てきたりするだけで十分。生きてるから」



「満中陰を迎えて、浄土の世界へ行ってしまった。と仏の世界ではされるけども、その人の事を想い、語り継いでいれば近くにいるから。」


とのことでした。





「人は2回死ぬ」
という言葉は、昔、友人のお兄さんを亡くした時に覚え、感じた言葉でした。
でも、今回、父の死が大きすぎてその言葉を忘れてました。
再び、父の友人のお陰で思い出しました。
ずーっと、このブログに父の事を書いていた記事をまとめよう・・・・と思って動けなかったけど、やっと動けそうです。




そして、もう一つ。

「人という文字は、長い方が男で短い方が女。男は女に支えられないと生きていけない。その男がなくなったとき、女の方がぐーんと伸びるんだ」
と、母を勇気付けてくれました。

そしてそして、その方たちは私達お店を含めサポートする!と言ってくださいました。


普通なら、亡くなれば縁が切れるだろうに・・・・・
父の昔からの友人達が父に代わって面倒を見る!なんでも相談しろ!!!と。
結婚する際は「俺たちが認めなければ許さん!」って。(笑)
ハードル高そうです。(笑)


こんな素敵な人たちを残して、繋げてくれた父に感謝と父の友人の方々に頭が上がりません。
幸せを感じます。

f0025741_121258.jpg

ブログの過去の記事をまとめるつもりだったんだけど・・・・
今日の事が止まりませんでした。

今後、ゆっくりと父の事に関してまとめていこうと思います。
[PR]
by wb-style | 2008-12-29 01:22 | Family
<< 遺すこと1 (序章) Anniversary Par... >>